FMシステムを導入する地域科学研究所

地域科学研究所のシステム

地方公共団体向けにさまざまなシステムを開発している地域科学研究所ですが、その中のひとつにFMシステムというのがあります。FMシステムと名前だけ聞いても知らない人はどんなものか分からないですよね。FMはファシリティマネージメントの略で、日本語でいうところの施設管理のことです。FMシステムは施設管理システムのことなのです。

地方公共団体はさまざまな公共施設を管理しているのですが、それらの施設を管理するシステムがFMシステムです。施設の管理といってもさまざまな業務があります。施設の維持も大切な業務のひとつです。施設の状態を保つためには、定期的なメンテナンス等も必要ですし、そのためには費用もかかります。費用は予算として計上しておく必要もあります。こういったさまざまな管理はシステムで行われ、定期点検の結果などによって、予算要求書を作成することもできるようになっているのです。

地理情報システムとの連携

FMシステムは地理情報システムと連携して、地図上で管理することも可能になります。地域科学研究所のメインとなるもう一つのシステムが地理情報システムです。GISと略して呼ばれることもあるのですが、地理情報をデータ化したシステムで、必要に応じてさまざまなマップが作成可能になります。

その他の情報もこの地理情報システムと関連付けて管理することで、全て地図上での管理が可能になるのです。道路や橋梁などもそうですし、近年重要視されているハザードマップなどもそうです。上下水道も地理情報システムと関連付けることで、簡単に地図上で上下水道がどこを通っているのか表示させることも可能になるようです。

さまざまなシステムとの連携

地域科学研究所では、その他にもさまざまなシステムを開発しています。GPSを利用した現地調査システムなども開発しています。通常現地調査では、用紙に記録した調査結果を後で入力するのですが、このシステムがあれば、現地でリアルタイムに調査結果の登録が可能になります。タブレットを使用するのですが、通信機能を利用して、その場で入力した情報が本部に送信されるのです。タブレットでカメラ機能も付いていますから、現状を写真撮影しそのまま保存しておくことが可能になります。

また、これらのシステムは地理情報システムと関連付けることができるため、調査データを地図上で集約して管理することも可能になるのです。地理情報システムを基幹システムとして、さまざまなシステムと連携させることで情報の管理を容易にしているのです。

地図上で特定の場所をクリックすれば、その場所に関連付けられたさまざまな情報を閲覧・管理することが可能になるのです。