地域科学研究所が手掛けたシステム

基本のサービスは地理情報システム

地域科学研究所は地方公共団体向けにICTのテクノロジーを提供している企業です。地域で問題になっていることを解決するために、さまざまなシステム開発をしています。中心となるシステムのひとつが地理情報システムで、さまざまなシステムがこの地理情報システムと連携して動作するようになっています。

GISという地理情報システムは地理情報をデータ化して管理するものです。地理に関するさまざまな情報が登録されているので、あらゆる形で表現することが可能になります。単なるデジタルマップではなく、それ以上のさまざまな情報があるのです。

例えば、ナビゲーションシステムも地理情報を使用しますが、地形や道路、川などがデータ化され、ビジュアル的に地図として表示されてます。同様のことも可能ですが、その情報に加えて地方公共団体が管理する施設の情報の表示も可能になるのです。

地理情報システムと他のサービスとの連携

地域科学研究所で提供しているシステムは、地理情報システムと連携することでより効果的となるシステムも多くあります。FMシステムは地方公共団体の管理する施設をデータ化して処理をするのですが、地理情報システムサービスと合わせることで、コードや名称の管理だけでなく、地図上での管理が実現します。

ハザードマップ、上下水道に関するシステム、道路台帳、橋梁台帳、農地管理といったシステムも全て地理情報システムと連携するようです。近年、各地で問題となっている空き家を管理するシステムも同様なのです。会計システムなどは地理情報とはあまり関係ありませんが、多くのシステムが、基本となる地理情報システムと併せて使えるように作られているのです。

地方公会計制度に対応した会計システム

地域科学研究所では会計システムも作成していますが、地方公共団体へ導入するため、地方公会計制度に対応可能となっています。地域科学研究所は以前から地方公共団体とともに仕事をしていたということもあり、地方公会計制度に関する知識も深く、専門としている社員もいるようです。

この知識と経験から、システムを作成するだけでなく、研修会なども行っているようです。もちろん、出来合いのシステムではなく、各地方公共団体ごとに合わせた独自の設計なので、地方公会計制度に対応しながら、その地方公共団体に合わせた独自のシステムとなっているようです。

これは、会計システムに限らず、全てのシステムが導入する地方公共団体に合わせた設計になっているのです。地方公共団体の業務に特化した地域科学研究所ですから、地域ごとに異なるさまざまな問題や課題に対応したシステムが可能になっているのかもしれません。